自然あふれる緑に囲まれ、木の香りがするスタジオです。
千ひろばは、こころとからだが元気になることを目指しています。豊かな感性と創造力を育み、人の温かさを感じたり、人とつながる場でありたいと思います。
ほっとするアートスタジオ、千ひろばに、ぜひ来てください。



 
 
 
 
※以下は最新の投稿記事です。ページ右上にあります『Category』からの閲覧をお勧めします
 

   ――臨床美術は生きる喜び――

「佐藤雅彦希望の世界2020」が

        2020年2月20日に出版されました。

ページを開くと、鮮やかな色の世界が広がります。

数々の作品から生きる勇気と元気をもらえます。

 

佐藤雅彦さんは、1954年生まれ、現在65歳。

2005年10月、51歳の時に、アルツハイマー型認知症として診断されます。

当時はまだ若年性認知症については、まだなかなか知られていなかった中、

全国で認知症本人の講演活動を始められました。

2014年認知症本人の全国組織「日本認知症ワーキンググループ」共同代表に就任

2015年「認知症になった私が伝えたいこと」大月書店から出版

――日本医学ジャーナリスト協会賞優秀賞を受賞――

      

  NHKでドラマ「認知症の私からあなたへ」が放映されます。

   (佐藤雅彦さん役は、緒方直人氏)

2016年大月書店より「認知症の私からあなたへ20のメッセージ」を出版

現在は、「一般社団法人・日本認知症本人ワーキンググループ」理事

 

佐藤さんは、2007年埼玉県立大学で臨床美術と出会い、

現在は「スタジオ*千ひろば」で臨床美術を楽しんでいらっしゃいます。

千ひろばでは80点以上の作品が生まれました。

今回の「佐藤雅彦☆希望の世界」を出版するにあたり、佐藤さんは、

「元気を失っている人に、元気になってもらいたい。

 臨床美術は、自分の生きる喜びになっている。

  のびのびと思い通りに、無心になってやれるところが良い。

 臨床美術の素晴らしさを伝えたい。」

と仰っています。

臨床美術は表現なので、上手い下手はありません。

どなたでも参加でき、必ず作品が出来上がります。

臨床美術は生きる喜び――。全国の臨床美術士の方々や

認知症ご本人、ご家族の方、介護のお仕事の方、等々〜

多くの皆様にこの本を手にとっていただき、

お元気になってほしいと願っております。

「認知症は不便であるけれど、不幸ではない。」

私は、人間の無限の可能性を感じるのです。

新型コロナウイルス感染拡大が広がり重苦しい日々が続きます。

どうか、皆様お元気でお過ごしください。

 

店頭には置いていないので、Amazonで注文できます。1冊1000円(税抜き)

 

「佐藤雅彦・希望の世界 2020 臨床美術は生きる喜び」
https://www.amazon.co.jp/dp/4991136709/